自分の葬儀やお墓のこと

世界一葬儀にかける費用が高い日本で低価格の葬儀の需要はあるか

日本は世界で一番葬儀にかける費用が高いと言われています。具体的には日本では平均230万円かけるのに対してイギリスは12万円程度、アメリカは44万円程度、先祖を大切にすると有名な韓国でさえ35万円程度というデータがあります。230万円の内訳は祭壇や生花、棺などお葬式にかける費用とお布施や戒名をつけてもらう費用があります。また、お悔やみに来て頂いた人への飲食接待も、地域性や故人の人柄により費用が莫大にかかる可能性もあります。もちろん、故人を手厚く送りだしたい気持ちもありますが、費用を高くしている原因に葬儀会社・お寺の高い利益率、葬式を上げる人の周囲への見栄があります。

ですが、最近は葬儀も故人の遺志や経済状況を尊重する葬儀を行う人も増えてきました。家族葬・一日葬・火葬式などであればぐんと費用は下がります。低価格を売りにしている葬儀会社も増えてきて、当然葬儀のプロが行うので安いからといってみすぼらしい葬儀になるとは限りません。少子高齢化の日本では一組の夫婦で、両家の両親4人に加えて祖父母の葬儀費用を工面しなければならないケースも増えてきます。これから低価格の葬儀の需要はどんどん増えていくでしょう。

Copyright (C)2017自分の葬儀やお墓のこと.All rights reserved.