自分の葬儀やお墓のこと

自分の家で葬儀を行う「自宅葬」

最近、斎場ではなく、自宅で葬儀を行う「自宅葬」と呼ばれる葬儀スタイルが見直されています。自宅葬を行う方法には、葬儀社を介さず自分でさまざまな準備などを行う方法と、葬儀社のサービスを利用する方法があります。ただし自分で行う場合は、葬儀社へ依頼する場合と比べてかなりの手間と時間がかかるため、生前から準備を進めておく必要があるでしょう。

自宅葬のメリットとしてまず挙げられるのは、時間を気にすることなく故人を偲ぶことができるということです。斎場で行う場合は時間の制限がありますが、自宅で行う場合はゆっくりと時間を過ごすことができます。そして次に挙げられるメリットは、住み慣れた家で葬儀ができるということです。我が家で最期を迎えたいという遺言を残される方も多くいますし、慣れない斎場より自宅の方がリラックスできると考える方も少なくないでしょう。さらに自宅葬は、当然のことながら場所代がかからないというメリットもあります。

ただし注意点としては、祭壇を設けたり、会葬者を収容することができる十分なスペースの確保が必要になるということが挙げられます。最低限必要とされるスペースは6畳ほどだとされていますが、会葬者の人数などによって必要となるスペースは変わってきます。

お役立ちサイト

Copyright (C)2017自分の葬儀やお墓のこと.All rights reserved.