自分の葬儀やお墓のこと

葬儀とは違った直葬とは

葬儀には様々な種類があるので、故人とのお別れの形として親族などは形式や場所などを選ぶことが可能です。そんな種類のある葬儀の中で、葬儀と勘違いされている方法の1つに直葬があります。直葬は亡くなった故人を通夜や告別式などは行わず、直接火葬場へ運び入れてしまう方法となります。その後に拾骨がされて終了してしまうタイプとなるので、通夜や告別式を行わないので葬儀ではなく葬送法の1つとなります。また火葬場で宗教者などを呼び火葬炉の前で読経するなど、簡単な儀式を行うこともあります。その場合は炉前式や火葬式と呼ばれることがあります。

一般的な葬儀に比べて、通夜式や告別式などが行われない直葬が最近では増えている傾向があります。直葬を行う場合ですが、高齢の身内のいない孤独死をした人などが増えてきている傾向があります。また人との繋がりなどの縁や絆などが薄くなってきたことや、宗教的な観点としての死への考え方が薄くなっていた人が多いという理由があります。葬儀自体は生きている側の高慢というとらえ方から、無駄な儀式などは行わないという人も増えてきています。またそのほかの理由としては、やはり葬儀にかかる費用や時間などを簡略化したいという理由から、直葬を選ぶ人も増えてきています。

お役立ちサイト

Copyright (C)2017自分の葬儀やお墓のこと.All rights reserved.