自分の葬儀やお墓のこと

葬儀の種類の1つとなる音楽葬とは

人が亡くなった際にはお別れをする形として葬儀を執り行うのが一般的となっています。通夜式や告別式などを行うことで、親族だけでなく故人と親しかった友人や会社関係のひとなどの縁や絆などを大切にした葬儀が多いです。また最近では自由葬と呼ばれるタイプの葬儀があり、そんなかの代表的な種類の1つに音楽葬があります。葬儀の進行方法や内容などは一般葬と殆ど変わらない内容となっています。ですが一般葬とは異なり、故人が生前に好んで聴いていた曲などを流しながら儀式が進められていきます。本来葬儀中は静かに悲しみのなかお別れをしますが、音楽葬は進行具合の内容にもよりますが、終始音楽が流れており暖かい雰囲気となります。

音楽葬の場合は故人との最後のお別れの場を、故人が好きだった曲であの世へ送り出してあげようという考えからきています。そのため生前音楽が好きだったという人以外に、音楽関係の仕事に携わっていた人の葬儀でも行われることが多いです。ですが音楽葬を行うためには、音楽葬を行ってくれる葬儀社を選ぶ必要が出てきます。また葬儀の際に明るい音楽を欠けること自体に不快に感じる会葬者も少なくないので、しっかりと葬儀のいとする点を分かってもらうという必要もあります。

お役立ちサイト

Copyright (C)2017自分の葬儀やお墓のこと.All rights reserved.