自分の葬儀やお墓のこと

葬儀では祭壇や遺影が必要になる

葬儀では祭壇や遺影が必要になります。最近は、祭壇もバリエーションが豊富になってきました。葬儀のスタイルが多種多様になってきているからでしょう。家族葬の場合、祭壇はシンプルにするのが基本のようになっていますが、もちろん決められているわけではありません。家族葬で参列人数が数人であっても、生花をふんだんに使った立派な祭壇をつくる人もいます。ただ、経済状況に合わせないといけません。予算をしっかり把握し、どう言う祭壇にするかを決めるようにしましょう。そして、遺影ですが、昔は正装で前を真っ直ぐ見据えているものがほとんどでした。

そう言う写真がない場合は、故人の顔に他の人の正装の写真を合成することも珍しくなかったです。表情も歯を見せているのはいけないとされていました。しかし、最近はその人らしい自然な表情の写真を使うのが普通になっています。カメラ目線にもこだわられることもなくなりました。笑顔でも良いとされています。遺影は葬儀だけで使うものではありません。ずっと家に飾ることになります。家族が気に入った故人らしい表情のものを選ぶようにしましょう。最近では、遺影に使ってほしい写真を生前に決めておく高齢者も多いです。

Copyright (C)2017自分の葬儀やお墓のこと.All rights reserved.