自分の葬儀やお墓のこと

葬儀に対してのしきたりがなくなってきました

地方により葬儀の時に様々昔からのしきたりがあり、それに従って葬儀を行っていましたが近年そのしきたりも無くなり、親近者や家族のみで葬儀を執り行う事が多くなってきています。葬儀社などでも葬儀に対して、以前のような葬儀のやり方ではなく、各家庭の要望に応え葬儀を済ませるプランなど執り行っています。少子化になり以前のように親せきやご近所の方とのお付き合いが少なくなってきたのもその要因かも知れません。

また、生前の内にご自分の葬儀に付いて簡単に済ませてほしいという要望を出されている方も多くなってきています。葬儀に対してお金を掛けずに、家族に迷惑を掛けずに見送ってもらいたい方が増えている事も事実です。葬儀の上げ方などテレビなどでいろいろ番組を組んでやっていますが、簡単であっても個人をきちんと偲び、お見送りが出来るのであれば良いと感じられるような葬儀のやり方があると感じた方は多くいるようです。

葬儀は盛大にお金をかけてやる事ではなく、生前お世話になった家族や親族だけでお見送りをしてもらえれば良いのだと感じるようになった方も増えてきています。しきたりなども大切ですが、それがいつまで続けられるかは、生前に考えておくことも必要ではないでしょうか。

お役立ちサイト

Copyright (C)2017自分の葬儀やお墓のこと.All rights reserved.